白蓮会館平野道場白蓮会館平野道場白蓮会館平野道場白蓮会館平野道場
                             キッズクラス(少年部)
白蓮会館平野道場

        明るく、楽しく、元気よく




白蓮会館平野道場が選ばれる理由

   
          
           なんといってもうちの道場の生徒達はめちゃくちゃ仲が良いんです。
             色んな学校の子供達が集まっていますが、お母さん達に聞けば、
             同じ学校の友達よりも仲が良くなる子供達も多いようです。
             中学生になってもクラブをやりながら、続けてくれる子供達が多いのも、
             仲の良い仲間達がいるからでしょうね(*´∀`*)




          
           礼儀作法が身につく
                   大きな声で返事、挨拶できるように指導して、
                 大人になっても通用する礼儀作法を身につけてほしいと、
                 日々の道場の中で生徒の年齢に応じてゆっくりですが、
                 確実に指導していっております。




             
             時には厳しく
                    やっていいこと、悪いことの分別を教えてます。
           いじめや、事故につながるような危険ないたずらに対しては、しっかり注意します。




             
              自信がつく
           少しでもよいところを見つけて褒めてあげるので、子供が自信をつけ何事にも積極的に
          なります。目標を定めると子供の目は輝きます。また、その目標のためにしんどい稽古を
          乗り越えたことで自信をつけて、そして試合に勝つことにより大きな自信と達成感を
          味わうと、さらに輝きをますんです。




             
             体力アップ
           基礎体力がつくメニューが盛り込まれているので、体力がアップし、喘息がよくなり、
          風邪もひきにくくなります。空手の運動は全身運動なので、体力と運動能力が向上し、
          バランスの良い筋力が養えます。




            
        思いやりの心が身につく
             組手の稽古や試合で人の痛みを知ってもらい、相手の痛みを知り、
            思いやりの気持ちが芽生えます。
            いじめない。いじめに負けない。そんな子供達に育てていきます。
            「人格形成」、これが一番大事ですね。




            
     自立心・協調性・リーダーシップ
           大勢の子供達が参加する合宿では、空手の技術的なレベルアップに加え、
          低学年の子は自立心と協調性を学び、高学年の子はリーダーシップを
          身につけさせるという重要なイベントが毎年企画されています。
          小学生で先生と同じように指導ができるようになる子も出てきます。




           
         トップクラスの指導
            全日本大会で優勝経験のある指導者達が熱心に指導しているので、
           交流試合や他流試合でも多くのチャンピオン達を輩出しています。
           本当は試合よりも楽しく空手をやって、成長してくれることが一番ですけどね。笑





     

   精神を鍛え 礼節を学ぶ
            当道場の少年部では、礼儀や精神的なことを重視して指導しております。
          私が子供達に一番教えたいことは、思いやりです。
          家族は大事だと言いますが、家族だけじゃありません。みんな大事です。
          人を喜ばせられる大人になってほしいと思います。
          社会で活躍する日が楽しみだ(-^〇^-)








 少女のための空手  

 写真 
    女の子でも大丈夫ですか?     
    大丈夫ですよ。
    女の子達も楽しく空手をやっていますので、安心して参加させて下さい。


 写真 


 
   
                稽古内容
            準備体操・基本稽古・移動稽古・型稽古
           約束組手(決めた攻撃に対して決めた受けをして攻撃を返します)
           自由組手(スパーリング)・・・レベルに合わせて行います。
           その日によって重点に置くポイントを変えて指導します。
           時間をかけて空手の本当の良さを精神的な部分と礼儀作法を主にして指導します。

      






           
                   子供の試合
         毎年、春と秋には白蓮会館主催の交流試合。夏には、出場人数1000名を超える
        全日本ジュニア空手道選手権大会を開催しております。
        女子と男子、体重と級で分けた大会となっており、女子でも安心して大会に出場できます。
        試合は強制ではありませんので、ご安心下さい。
    



         体験はできますか?
    子供の体験は随時行っております。
    体験される方は、動きやすい服装とタオル等を持って10分前にはおこし下さい。
    曜日によって先生が違うこともあるので、希望があれば各先生の稽古を
    体験してもらってもかまいません。お気軽におっしゃって下さい。



写真 写真





   支部長の子供達に対する想い
           
写真
  
 私は子供達が大好きです。
   そんな子供達に私の大好きな空手を教えたいという想いで指導をしておりますが、
   私がどんな考え方で子供達を見ているかを知ってもらえたらと思います。
   道場を始めてから、大勢の子供達を指導してきましたが、子供達の中には、
   すぐに出来る子もいれば、すぐにできない子もいます。
   お父さん、お母さんの中には、うちの子は他の子よりも出来ないから・・・。
   と心配な方もおられるようですが、私自身、どんな子供も比較をしていません。
   他の子と比較するよりも、その子自身を見て、
   前よりもどれだけ成長したのかが大切だと思っております。
   競争社会の中で育ってしまっている我々は、どうしても比較をしてしまいそうに
   なりますが、その考え方では、1人1人の才能を十分に発揮させることは
   できません。なんせ子供は天才ですからね。笑
   たとえば、普段から30点しかとれない子供が70点をとってきたとします。
   お母さんはテストを見て「良かったね」と喜びますよね。
   それで終われば子供も嬉しい気持ちのままなのですが、
   他の子達の点数が気になってしまい、「平均点は何点なの?」と聞いてしまう。
   子供が「平均点は80点だったよ」と言うと、お母さんは「それじゃあダメね」。
   これが比較です。
   よく考えてみて下さい。
   いつも30点しかとれない子供が70点もとったんですよ。
   めちゃくちゃ凄いことじゃないですか?
   お母さんも最初は喜んだのですが、他の子供を気にした瞬間、
   その素晴らしさが見えなくなってしまいました。
   点数は変わってないのに、最初はよく見えた点数も、
   比較をすると一瞬で悪い点数に見えてしまう。
   そんな比較をするよりも、その子自身だけを見てあげて、「良くやった」って、
   褒めてあげたい。そんな先生でいたいと思っています。
   もう一度言いましょう。子供はみんな天才です。
   真面目な子もいれば、ボーッとしてる子も、調子乗りの子もいます。
   「この子はダメだ」なんて思わないで下さい。
   みんな最高なんです。誰ひとりとしてダメな子はいません。
   その子自身の100%を引き出せる道場でありたい!!
   空手を通じて、なんにでも自信をもって挑戦していけるような、
   大人に育ってほしいと願っております。


写真 写真
     


写真 写真

     
 

写真 写真



写真 写真




写真 写真